尼崎でリフォームするならあわとくまで


本物の和空間リフォームとは

私には今の日本の暮らし方に和空間がある生活をもっと広げたいという想いがあります。

和空間、特に畳のある生活は日本人の持って生まれたDNAに五感で訴えかけるものがあります。 気持ちが落ち着いたり、ごろんと出来る畳のある生活は日本人にはしっくりきます。そのような空間づくりを、私は得意としております。

5歳くらいまでの子供がいる場合は本物の畳がある方がいいですね。 畳の材料であるイグサは通常、「除草剤」「殺虫剤」の2種類の農薬を使っています。
あわとく契約農家のイグサは永年努力して作った良く肥えた土壌と害虫を防ぐための水管理で、 通常の農薬使用量の半分から7割程度でイグサを栽培しています。
本物の畳とは、減農薬のイグサを使って丁寧に生産した畳のことであり、特に小さいお子さんのいらっしゃるご家庭にとって、安心できる畳のある生活は最適な組み合わせです。

また、昨今は解放的な間取りの住宅が増えてますが、襖がある生活は必要に応じて開け閉めできますし、見る人が見れば風情、感性が刺激されるものですあり、私は伝統的な日本の間取りを残していきたいと思っております。

これらの想い・こだわりを持って、私たちは、様々なお客様のご要望にお応えするリフォームに取り組んでいきたいと考えております。
和空間リフォームだけでなく、水まわりや外壁などお困りのことがあれば、リフォーム工房あわとくにぜひご相談下さい。お待ちしております。

>>畳のプロであるあわとくのこだわりを知ってください

会社案内 スタッフ紹介 事例

リフォームのプロが教える、リフォームのポイントはこちら

20130624toirepointo001.jpg
浴室リフォームのポイント

リフォーム工房あわとくへのご相談、お問い合わせはこちら