和室の下地貼り替えを行いました

尼崎市西立花町
築30年木造戸建

いつも畳工事を頂いてるお客様です。
畳がプカプカするということでお伺いしました。

調査したところ、畳が原因ではなく畳の下が経年劣化により弱っていることがわかりました。

せっかくなので、畳の裏返しに加えて床板交換もさせていただくことになりました。

いよいよ工事スタートです。

まずは、畳を引き上げ店に持ち帰ります。


電動ノコギリを使うと切りくずなどが飛び散るので、壁にビニールをかけ保護します。

いよいよ床板をめくっていきます。

半分めくり終えました。

残りの床板も同じようにめくっていきます。

床板を全部めくったところです。
こうやって見てみると床下ってなかなかの深さがありますね。

幸い、床下はよく乾いていて既存の根太、大引、束と呼ばれる下地材は全て使用できることがわかりました。

周囲を更に補強していきます。

木の板を半分貼り終わりました。

もう半分も同じように貼っていきます。

木の板を全て貼り終わり、保護していたビニールを外したところです。

ようやく完成に近づいてきました。

あとは裏返した畳を納めるだけですね。

以上で工事完了です。

大工さんお疲れ様でした。

施工前
施工後

床下に関してはなかなかの大がかりな工事のようでしたが、
下地材がそのまま使用できるということでしたので、なんとか1日で工事を終えることが出来ました。

これでもう歩いた時にプカプカすることなく、安心して過ごせますね。
色褪せや傷みも改善され、お部屋全体が明るいイメージになりました。

ご依頼ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

関連記事

  1. 浴室のリフォームを行いました

  2. 洗面室のリフォームを行いました

  3. 尼崎市 外掘・玄関庇改修リフォーム事例

  4. 和室のリフォームを行いました

  5. 壁のリフォームを行いました

  6. 尼崎市 外壁タイル部分張替え事例